スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の振り返り

9月はMSQと中間配当という一大イベント。
しかし終わってみれば、
日経+30
TOPIX+6
配当落ちが実質+1%位だから、少しのプラスか。

JASDAQも若干のプラスだが、内実をみてみると、
PERの許容範囲が上がっている気がする。

今回の相場は6月から上げと思うが、そろそろ下落が来てもおかしくはない。
上海が底打ち気味、SQ3がプラス材料。
欧米が天井気味がマイナス材料。

強弱材料が押し合い。
個人の投資マインドは良化か。
マインドが良くなった時ほど売りという考えも。
予想は保留気味。

9月はCFDや長期株が上げてくれた影響で
+1647

資産額は8月に5ヶ月ぶりに更新し、今月も更新できたが、
完全に相場に左右されるポジションなので、
短期売買を強化して、ドローダウンを避ける方向で。
スポンサーサイト

鴨の水掻き

信用建ネット+1400

なんだろう、意気消沈しすぎた。
今日ほど買いだと思った日はなかなかないのだけれど、
朝からひたすら買い、スイングだったら手を出さない銘柄にもイン。
デイならいいじゃないかと・・・
これで-30。無意味な買戻しも含めれば、-50近くになるか。
はぁどうしようもない。
午前の下落で止まるかと思っていたけど、そんなものはご都合主義の妄想というもの。

昼休みは久々に落ち込んだ。
最近調子が良いから、このままいけるかとも思ったけれど、
やっぱりそこまでうまくはいかないし、技術もない。

考えてみると、ここ数年何もかも間違っていた。
株価価値の想定を未来価値ではなく現在価値に置いていた。
こんなものは安全志向の狂った算出機械でしかない。
ファンダ派に転向した4年前は覚えていたけれども、
だんだん安全な確実なものにしか投資できなくなった。
あれほど優位極まりない時期を完全に棒にふった。
一年半全く気づかなかった。
ばかばかしい、ド素人にも程がある。
こんなことでは、株が上手いだとか、プロだとか永遠に思えないだろう。
歌いながらトレードしたり、寝てしまったりするくらいだから、
楽しくやれるくらいがちょうどいい。

今日改めて判明したのは、デイ目的でやると全くもって精神が落ち着かなく、
平常心が失われる可能性があることだ。
向かないものには手を出さないのが吉。
いつもどうり、スイングでいくしかない。
ただありがたいことは、まだかろうじてこれで食べていけることである。
廃人レベルになるまで費やしてきた時間を無駄にはしたくない。

なんだか愚痴モードになった。
最近は精神が安定していたのに、ちょっと乱れてしまった。

+136

今月まとめ
クリック+1025
他+622

いつも書いている数字はクリックです。
他の分は月末とかだけ。

スカイネットの活躍

信用建ネット+1900

下から上まで暴走モード。
最近総建て玉が限界までいっていたので、整理モード。
相場に対してのデルタ値を上げる。
といいつつ、爆上げが来てもそう儲からないだろう。

昨日のNYはハラハラだった。下抜けなら地獄モードを想定していた。
VIXが急上昇したので、苦渋の損切り。あっちの時間で言う朝方で、
天井の手前でやってしまった。-80
破滅リスクを避けるためとはいえ厳しい。
先物は夜間で利確し、ふて寝。

午後は底抜け上海が大反発でびっくり。
相場環境へのプラス・マイナス要素が入り乱れて検討がつかない。

とはいえ今日は、余力ができたのでひらすらスキャ・デイ
ひたすら売買するのはいいねぇ。スイングとか長期が縛りプレイにみえてくる。
長期用の株に対する減損が毎日続くと、こういう売買が癒しになる。

最近、IPOとか東1の盛り上がってる株以外売買してるやつとか、
いるのかなーと思う時がある。
相場ってソーシャルゲーみたいに対人戦なはずなんだけど、
なんだかアルゴしかいなくて、ソロゲーか対CPU戦をしている気分。

金融市場以外にもアルゴシステムがあったら面白いのに、
魚市場とか一次産品のせりとか、美術品オークションにもアルゴが登場して、
いままでと様変わりしたら、面白いのに。
せりで人間のおっちゃんが手を上げた瞬間買い上げるシステムとか・・・
株をしててこれやられるとすげーむかつくけど、リアルでやったらどうなるんだろう。
株はPCの前だから感情を抑えていられるけど、リアルでやったら超腹ただしい。
株の世界だけ蹂躙されるのも腹ただしいから、他の世界でも大活躍をしてほしい。
そうなってしまった時の一般人とかメディアの反応が気になる

+30

おめでたいのは

建玉ネット+1100
225先物-1枚

権利落ち日。
昨日は配当額を計算するの疲れた・・・
朝方は予想外に強く、配当分の値付け間違えてるんじゃないかと、
おめでたい奴もいるもんだと、思っていたら、
実はETF狙いの買いだったのではと気づく。
世の中が間違っていると思ったら、実は自分が間違ってたなんてよくあること。

後場は総裁選の放送を見ていて、結果で明らかに上だと思ったけど、結局下。
無駄に削った。

配当と逆日歩分を差し引いたら、権利取りは106程。
減配も入るかもしれないから、微妙に考慮しつつ。

今日は-40だけど、配当を加味すると+66程度。
久々のプラス。
新興長期株で残高が削られる日々が続く。

-40

ぬかるみの中で果実狩り

建玉ネット+2500

中間配当権利取り日。
最後の30分、腕力で買い上げすごかったね。
底値から40円分か。
こういう無理やりさって儲かるのかな。
儲かるのであれば、意地でもとったほうがとなるけれど・・・
時期によるんだろうな。
といいつつ今回は配当を無理やり取りに行った。なんかいける気がしたから。

というか最後の上げでも無配とか関係ないのも上げているけど、
もしかしたら普通に買い上げ?
よくわからん。
方向性のない相場が続く。
明日は見かけ上口座残が減るのがわかっているから、
知っていても残念だ。

-70

さくっと上下に

建玉ネット+3000

今日から建玉はネット額のみに省略。
ちなみにこの建ては信用分で、現物でさらにフルでもってるから、
ここ数年ずっとロングに偏ってる。
リーマンショック以降、実質ショートに傾いたことはないと思う。

上がったり、下がったりせわしないね。
昼に大きな資金が入った気がしたけど、配当取りかな、
無駄に売買させられて、-7ほど食らってしまった。
イミフな値動きはやめてほしいね。
今日もいつもどうり。
とりあえず、無駄なポジは焼却し尽くしたのは安心。
安心って書くとアンコールワットしか思いつかないのは病気の領域。

短期用のポジは利益になったけど、長期ポジが不調。
どうせ売買しないんだからいいんだけど、少し精神が揺らぐ。
JASDAQ時間に損失が膨らむのもよろしくない。

株365の香港株CFDを少し切ったけど、午前中にはプラテンしてんじゃん。
無駄なことした。

-42

混沌の渦

買建10800
売建7600
ネット+3200

正直言って全くかみ合わない、売りは上がるし、買いは下がる。
相場が上がるとは思うのだけれども、
何が上がるかと聞かれると有望な回答ができない。

もちろん今何が上がっているかは知っている。僕が売っている内需系だ。
とはいえ素直についていったほうがいいかは、分からない。
そう放置しているうちにひどいことになってしまった。

仕方がないからといって、ヘッジのヘッジを積み上げているから手に負えない。
もはや、円安がきて相場が上がったからといって儲かるポジかと言われても素直にそうとも言えない。
月曜は少しポジ整理をしたほうがよさそうだ。
なんといっても中間期末だ。
無駄に管理費や逆日歩を払うほど愚かなことはしたくない。

こんな時はサボって場中に料理をするのに限る。
氷菓を見ながら食べるご飯は最高においしい。

-63

サイクル理論

先日、仕込み途中の銘柄がものすごい上に吹っ飛んでいった、
と書いたが、今日も超ぶっ飛んで悔しい思いしたので昔のことを思い出していたら
いろんな考えが・・・

最近よく思うのだが、09年から10年にかけての時期は、
ファンダ投資家にとっては、
天から与えられた最高のチャンス相場だったのではないかと思う。

僕にとっての思い出を書くと、
今では立派な優良小型株になってしまったけど、
コシダカという素晴らしい銘柄が安値で放置されている時期があった。
僕は今の分割後価格でいう、200円位から少額を買い入れて、
10年夏の600円ぐらいのの時点で腰を入れて買い入れた記憶がある。

確か急成長の優良株にもかかわらず、この時点でPERが3倍を切る水準で
(一時的な利益もあったからそれを除外すると3.5倍ほど)
事業自体に根本的な欠陥があるのかと、疑いをいだいてしまう程の水準だった。
結局今ではきちんと評価されていけれども、本当に信じがたい水準だった。
しかも当時もテレビでカーブスとか特集されていたし、
そこまで見落とすほどマイナーな事業をしているとも思えない。
もちろん現状では全て売ってしまっている
(今の結果から見るとそんなにいい価格では売れなかった)

というようなことが数多く平気で起こっていた市場だった。
もちろん僕も相当多くのチャンスを逃していると思う。

おそらくこの原因は日本の新興市場はライブドアショックから下げ続け、
とどめのリーマンショックがあった影響もあり、
ファンダ目線で小型に投資する人が壊滅していたため、
このようなチャンスにも手を出せる人が少なかったのだろう。


実はそれと同じようにこれからチャンスが来るのではないかと思っているのが、
デイトレードに関してである。
07年くらいまで株といえば、まさにデイトレードであり、
世間的にも広く認知されるほどで、本屋には数々の本が溢れていた。

極めて残念なことではあるが、
今の日本の株式市場においてデイトレメインでやってる人は、
全盛期に比べ本当に減ったのではないかと思う。
(スイングとかファンダに移行された方も多いかと)
今はアルゴ全盛で根本的な問題もあるが、
この市場でうまく立ち回れれば大きなチャンスがあるのではと妄想している。
それが起こるのには、昔のような無限の流動性と盛り上がりが必要な要素だと思うから、
そうなった時この技術を鍛えておけば極めて役立つ気がする。

クオンツの先生方が大活躍して、過剰流動性を生み出してくれればいいのだけれど。

現実的な選択肢

買建9900

売建7300
ネット+2600

銘柄を大きく入れ替え。
リスクはだいぶ減らしたはず。
もちろんまだ上にいくことを想定したポジ。

多分、今日の行動は定石通りになったはず。
正直強気なので売りたくはないが、売ったほうがよさそうな場面で、
売らないわけにはいかない。
麻雀で親リーがきたら、渋々降りなければいけないといったところだろうか。
半年前なら確実にリスクヘッジに走らなかっただろう。
ちょっとは成長したのだろうか、
こんなことでは大きく増やしていくのは難しいかもしれないが、
地道にいくと精神的に安定する。

朝方ヘッジ用に作った売りポジは早々に回収されてしまった。
下落のスピードは想定以上に早い。

今日は売ったり買ったりものすごい忙しかった。
デイトレードを専門にしてる方は、
いつもこんな忙しいことをやすやすとやっているのかと思うと驚いてしまう。
そういえばB・N・Fさんのトレード風景をテレビで見たが、
常に発注発注で休む暇なくやっていたな。
あれを思い出すと人間離れしたあの資産増加も納得してしまう。

今日のプラスは完全に長期ポジの貢献。
短期用は-100を超えてるはず。
+12

ハイバウンド

買建12900
主に景気循環系

売建7900
非景気循環系とボロ株
ネット+5000

用事があるので短めに。
午前はJALの影響か下落モード。
午前で一部手仕舞い。

午後は日銀の影響で爆上げ。
平均はそうでもないが、為替は円安に一方通行。
少し重たい雰囲気も出ているが、ファンダ状況は改善気味。
2月のように日銀がきっかけで無限上げモードにならないかな。

+140

追記部分
正直内需が予想以上に弱かった。寄りで返済も進めたが、
JAL効果かわからんが、弱いのでリトライ。
どこまで引っ張っていいか不明だが、権利どりの時期でもあるので、
余裕をこいているわけにもいかない。

今日の日銀上げについては、材料出尽くしの上げな気がする。
政策内容については、特段驚くようなものではないと思う。
もし材料出尽くしの上げなら、その点は極めて良い。
引けにかけて弱かったのが気がかり。
注意深く追いかけていく。

VIX先の精算日であるが、無事通過してくれたと思うので、安堵。
10月限はどのタイミングで入ろうか。思案中。

変化の兆し

買建12200
主に景気循環系

売建7700
非景気循環系とボロ株
ネット+4500

日経-35
TOPIX+1.4

為替敏感ものを買い増し。

指数的にみると一見平和な雰囲気だが、内容をみると意外と一変しているのではないだろうか。
ユニクロなんて-1300だ。内需系も崩壊気味だし。
さすがにやりすぎた反動だろう。

今は中国問題が、市場の雰囲気を壊してしまわないかだけが、気がかりである。

四季報効果は今日出たのではないだろうか。
狙っていた株が四季報で平凡に書かれていたので、有難かったが、
今日上に吹っ飛んでしまい、あまり仕込めない結果になってしまった。

今日の利益の半分は長期投資から。
この信用のポジ、とれているように見えて意外ととれていない。

+209

落とし穴の少ない時代

四季報を週末に見ていたが、
大型の重厚長大とかも、さすがに安くなってきたね。

利回り4%とかもザラだけど、持続されるかが焦点だとね。
四季報予想どおりの業績が出せれば、相当安い水準な気がするけど、
製造業の未来とか、年金基金の問題とか考えたら、素直に安いとも言えないのかもね。

こういう時こそ、
世間一般的に考えて、
株に回すお金を増やしてもいいと思うのだけれども、
いままでそうやって投資をしてきた人は、市場平均から見て過去30年儲かっている人は少ないのだろうな。

今投資をしていない人は、過去無限下げトレンドの中で苦しんできたか、
かなり保守的な人なのだろう。

株に積極的な人で、
割安感を感じて追加投資したくても、もう資金を尽くしてしまってないのだろうか。

逆に高値圏こそ投資ブームが起こるし、やるべきことの逆をやるのはなぜなんだろう。

一般的な投資行動の愚行を考えてみたけど、よくわからないね。


タイトルに落とし穴とつけたけど、相場が安くなってきているから、
長期で投資をする人にとっては、
割高株を買って落とし穴にはまる確率は減っていると思う。

負けられない戦い

EXCELで投資の残高とか管理しているのだけれども、
昔の記録を見ていたら、デイトレードをメインでやってた時代の記録が出てきたので
その時の思い出を書こうと思う。

僕がデイトレをメインでやってたのは07-08年で当時は東証のシステムが遅く、
今みたいに瞬間でガガガッていきなり動いたりはなくて、一秒ごとにピコピコ約定してる感じだった。
アルゴの邪魔もなく、今思えば本当に平和なシステムだったと思う。
今はスピードの時代とかあるけど、あれはあれでよかった。
システム改善で一番良かったと思うのは呼値が小さくなったこと。
これからはSBIのPTS並に呼値を下げて欲しい。


当時というか05年頃が全盛期の考えかな、
「1日1%資産を増やせれば、1年で10倍になるから頑張りましょう」
というような考えがデイトレーダー全般に広く浸透していた気がする。

今考えれば、この相場環境でそれを実行するなんて極めて厳しく思えるけれども、
当時はそれを達成している人が大勢いたし、
実際に出来るのではないかと思って株に参入してきた人も多いと思う。

僕もその口で表に、一ヶ月分の目標と、その日での資産目標を入力していた。
一ヶ月予定道理にできれば、複利で1.25倍(20日計算)
ものすごい目標だよね。
ある数ヶ月間調子がよくて、目標ペース道理にうまく増やせていた時があった。
このままいけば、2000万万まではあと何ヶ月で、1億はあと1年かぁ、と皮算用の妄想ばかりしていた。

ある時1日で-10%近く負けた日があった。
確かジョイントコーポレーションだったと思うが、
一日中綺麗に下げ続けたのを無限ナンピンで買い続けた記憶がある。

こうなるとペースは完全に乱れて、資産増加計画も見直し必須だ。
ここで、下方修正の新たな計画を作ればいいのだけれど、
それができなかった。

数日ほぼゼロの日が続いた、4日目くらいからペースは戻りつつあった。
しかしここである銘柄を大きく買って出た。
当時はほぼ逆張りぼかりだったが、
明らかに下げ過ぎな水準で、さすがに反発がありそうなレベルだった。
朝から大きく買って、すぐに反発するも弱い反発。
しかも2時過ぎに急落までした。正直持ち越しはあまりしたくなかったが、
売るに売れず。
夕方、致命的なニュースが出て、翌日から暴落。
半年分の儲けを失った。
ポジションは全て投げた。

半年分なら取り戻せばいいじゃんと思うかもしれないが、
当時の僕はかなりの豆腐メンタルで、
何もかも嫌になって、株を見たくもなくなった。
それは普通の行動だと思うけれども、
当時一日中暇さえあればチャートを見たり、売買の作戦を練ったり
何もかも株に賭けていたから、平日に株に触れない生活はなんだか不思議なものだった。

翌週に久々にSBIの口座にログインして、商船三井の株価を見てみたら、
ここでいこうと思っていた水準にきていた。
ちょっとだけポジションを取ってみる。
利益がでた。

株なんてコツコツ積み上げてきても一発で持っていかれる、
こんな不毛なものを考えたくもなかったし、
ばかばかしいと思っていたけど、
やるとやっぱり楽しいじゃん。
数日落ち込めば意外と元気になるものだなと。
こんな楽しいものは捨てられないな・・・目標とか希望とかなくなっちゃたけどまぁやるか。
と再開した。

とかなんとか昔話モードになって、何を語りたいのか論点がずれてきたけど、
無理な目標を立てて、それが崩れた時、それに固執し続けると危ないねという話。

この影響で今では目標を全く立てずにやっている。
(専業で目標立てずにやるなんて稀有なような・・・)
というか目標を立ててやっていったほうがモチベも出るし、普通だと思う。
僕の場合それが肌に合わなかったということ。
人それぞれ取り組み方に合う合わないがあるから、そういうものの探し方って難しいよね。
一般に良いとされることや常識的な取り組み方が合わない場合があるから、
それを自分流に変化させるのは大事だと思う。

つい長々しい長文になってしまった。
こんな感じで思ったことをだらだら書いてくの予想以上に楽しいな。

銘柄コレクション

昨日はもっと合理的で効率的な運用をしましょ。という話でしたが、
今日は主観的で好き勝手やると楽しいよねっていう話。

そもそも昨日の銘柄を絞り込めばいいじゃん、という話を書いた後に
自分はなぜこんなに多銘柄を保有しているのか考えてみた。

理由としては、株を始めた当初資金が足りなくて一度に1銘柄か2銘柄しか買えなかったことをよく覚えている。
思い出したのが02年の頭ころにファーストリテイリングを買いたいと思ったのだが、
確か株価が6000円くらいで一単位60万だった。この後2分割するから現在で言うと3000円か。
今からは考えられないくらい安かったね。
で、なくなく他の株を売ってこの株に乗り換えたということ。
結局半年くらいだっかかな、持っていて薄利で撤退した記憶がある。

運用資金が50万とか100万とかだと好きな株が何銘柄かあるときに、これもこれもって色々買えないよね。
僕は資金を増やすというかプラテンするまで長い年月をかけてきたから、当時のこれもこれも買いたい、
でも資金がないから・・・っていう悔しい思いが体に染み付いているんだろうね。

だから無駄に沢山買って所有欲を満たす。
四季報というものがすごい好きで、
僕は通販カタログみたいなものだと思っていて(こんな変な考え方の人は少数派だと思う)
あれもあれもってなってしまう。
こんな風に好き勝手やれているから、今も楽しく株をやっているのだと思う。

「ピーターリンチの株で勝つ」(著名なファンドマネージャーの方の本です)
という有名な本を読んだことのある方はご存知だと思うけど、
リンチさんはこの本の中で1500銘柄ほど保有していると記述している。
不人気株が好きな様で、「ケイジャン・クレンザーズ」という究極の不人気株である、
架空の会社を想定して記述しているのが、なんだかとても印象に残っている。

逆流

買建10700
主に景気循環系

売建7100
非景気循環系とボロ株
ネット+3600

見た目は変わらずだけど、結構利食いをして入れ替えた。

まさかのQE3、今回もやるやる詐欺でスルーかと思っていた。
数日前から無駄に強かったのはこれだったのか。

保有ポジは効果的だったけど立ち回りが最悪。
MSQということで、寄りで鉄道系をカットしてしまった。
しかし予想以上にダラ下げだったので、もとのポジの半分だけ再度ショート。

金融・不動産系も朝に一部利確を入れてしまった。
これがなければあと+50はもっていけただろう。

でも素直にメガバンが上がってくれて安心する。
ここと不動産がこないとどうも不安になる。

そういえば、昔(3-4年前くらい)は強いと思う日は、
寄りでいつも大京と商船を買いに回っていたのを思い出す。
今日は寄りで商船を売ってしまってそんなことを思い出して、
何を逆のことをしているのだろうか思った。

今日は四季報の日なのに割安株が上がってこなかったので、少しびっくり。

なんだかんだでQE3の恩恵は、助からないと思っていたVIX先(CFD)の9月限が急落したこと。
清算まで4日だったから一安心。

+303

保有効果

ネタが続く限り、このコラムと投資報告を日課にしようと思う。

「セイラー教授の行動経済学入門」

という本を先月本屋で見つけて衝動買いしたのだが、その中に「保有効果」
というものについて書かれている項目があり、相場を張るものとして大事な話と思えたので記述する。


人はあるものを手放す対価として、それを手に入れるなら喜んで支払う額以上の金額を要求する

とあり例として

ある経済学者は、以前、おいしいボルドー産ワインを安値で手に入れた。
その後ワインの評価が高まり、当時10ドルだったものがオークションに出せばいまや200ドルの値がつくという。
この経済学者は、このワインをちびりちびり味わって飲んでいるそうだが、競売価格で手放す気はまったくなく、
ましてやそんな高値で買い足そうなどとは思っていない



と紹介してある。
他にも興味深い例が沢山あったが面倒なので略ww

つまり何らかの理由で手に入れたもの、あるいは状況を、
もしも売却(金銭にする)するならば、そのものを買おうと思う値段以上を求める傾向があるという。


相場において例えれば以下のようになるのだろうか。
とある投資家A氏が有望と思った、IT企業Z社の株を買ったが、
見事に2倍になった。
同様の同業他社よりも明らかに割高な水準になった。
A氏の相場観的にもちょっと危ないかもと思っている。でももっと上がるかもしれないから待ってみようと様子をみてみる。もちろんこの水準で買い増しなどとは微塵も思っておらず、買うなら同業他社の割安なものを買おうと思っている。

こんな感じだろうか。
成功例だと分かりにくい

失敗例で考える。
とある投資家B氏は、現在の相場環境を見て買いだと思い、Y社の株を購入した。
しかし環境が一変し相場環境は悪化。Y社の株価も下がり、同社を買う理由などなくなった。
もし買うとしてももっと下の水準か、相場環境が好転してからだろう。
そうは思っているが、今の水準で売れば損失は確定してしまうので、
仕方がないから放置してトントンになるのを待っている。

こんなところだろう。

合理的に思えることをしないで、現在の状況を維持することである。


とはいっても人間なかなか、合理的にはできず、
意味のわからないポジションを、何年もってたりする。

かくゆう私もたいして見込みもないのに1-2年放置している株が多分30銘柄くらいある。
しかも、もしも上がったらとかいう不明瞭な理由であり、各銘柄1単位とか2単位でもっている。
しかも信用担保になるからといったもっともらしい理由が頭をよぎってしまう。

よくよく考えればそれらを処分して有望な銘柄に集中投資するなどすれば、
年間でも結構なプラスになりそうだ。

そんなことを思って数ヶ月に一回ポジ整理をするのだが、各1単位は残すようにしてしまう。
いいかげんこんな不毛なことはやめなければ。

と思うが、もし明日これを実行しているような性格なら、そもそもこんな愚かなことにはならないだろう。
明日やる・今度やる、はいったいいつやることになるのだろう。

しばしの平穏

買建12300
鉄・機械・金融・不動産とか景気循環

売建8300
運輸・空運・食品・小売他諸々、主に非景気循環
ネット+4000

ポジは昨日とほぼ変わらず。
これだけ売買しなかったのは久々。
為替敏感株を少々買い増し。

ようやく内需が下げてくれたかという安堵感。
しかしメガバンが上がらないのが不気味。
こういう相場なら真っ先に上がりそうだけれども・・・
不動産も謎の弱さ。
多分大丈夫だとは思うけど。

四季報の影響かJQとか小型が強い。
このショート・ロングは報われ始めたのでひとまず喜び。

+198(短期ポジ分は+100)

神に祈るとき

そういえば最近、どうしようもなくなって祈ることをしていないな、
と思ったのでコラムを。

僕のトレードは攻めというか、かなりリスクを取る方で、
しかも以前は逆張りばかりしていたので、追い詰められてどうしようもなくなることがあった。
2008年の10月とか2011年の3月とか極端な相場では追いやられてしまう。
ドローダウンが30%とかになってくると引退を意識してくる頃合いである。

今年も4-6月の崩壊過程でかなり後悔をした。

そもそも日本の株式市場の復活を信じて、2011年の秋口からレバ2.5~3倍で買い建てていたのだから、
今考えるとまったくもって無謀である。
2011年の11月とか毎日祈るしかすることがなくて、朝方ポジ調整して、
あとは相場を見ているだけとか、仮眠をとったりしていた(毎日夜遅くまでNYを見ていて寝不足な日々だった)
この時は救われたが、問題は撤退時期である。

日経平均が2000円ほど上昇する過程でレバ2倍くらいまで圧縮したが、
4月を過ぎても無限上昇を信じており、下落過程でも買いポジは減らさなかった。
結局下落日数の新記録を出すほどのダラ下げ相場だった。
5月中旬には2割ほどのドローダウンになってつらくて仕方がなかった。

数日でいいのでリバをお願いします。と祈っていたが、まったくもって報われなかった。
しかも下げは平たい底をつけて、明らかに分かるセリクラで反発となった。
どう考えてもわかりやすかったので、このタイミングで入れればと強く後悔した。

この時思ったのが、そんなに儲からなくてもいいから、もっと株を続けさせてください、
こんな無茶はもうしないから。今回だけは・・・

結局それからリスクを取るのをある程度控えている。
現物を含めての総レバも2倍を超えないようになっている。
リスク管理のためにテクニカルを重視するようにもなった。
しかし現状ネットロングの額は少ないけれども、建ポジは限界に近く張っているので、
久々にリスクを思い出してポジ管理をしなければと反省。

すこし今のポジをクローズしようかなと。
また祈ることにはなりたくないから。

非科学的なことは信じていないけど、
こうして今も生き残っているのは、案外祈りが通じている証拠かもしれませんねw

時代遅れ

買建11900
鉄・機械・金融・不動産とか景気循環といわれるもの

売建8500
運輸・空運・食品他諸々、主に非景気循環
ネット+3400

朝から銀行が来る気がして、金融・不動産を寄り全力買い。
順調に日経+150引け。
素晴らしい、天才的だなーと思ったが。こんなことを昔の相場でやっていればそうだろう。
だが、今は違った。
ショート銘柄がひたすら強い。鉄道とか+2%とか日経上回っているのばっかり。
食品も小売もイミフに強いし。
なんだよ。
むしろコマツとか商船三井とか下げてんじゃん。
今は外需とか内需とか関係ない相場なのかね。
なめてんのかと。
こんな時は内需ショートと外需ロングで往復取りがセオリーなのでは。

相場が上がりそうなときは外需ショートの内需優良ロングでおkな相場ですかねー。
全く腹が立つけど。

多分自分が老害的発想になっているのかもしれない。
結果的には報われるかもしれないけど、その環境についていけないものは淘汰される。
ITバブルだって2003の底だって、2008の暴落もひとつの異常値だけれども、
相場って思ってもみないことが頻繁に起きるから、常に身構えなければと。

でも今日信用分で損失出しているのは悔しい限り。

今日のプラスは現物長期ポジの上げなので微妙。

+61
(今日からはクリックの残高の上下を記述)

投資プランの損切り

いままでの投資の成績を振り返ってみると、やはり日本株が安定して増やしていける。
FXとか先物とかBOとかいろいろ手を出してはみたけれど、倍率の抑制が利かない。

株だと頑張っても3.3倍先物は20倍FXも昔は100倍とかで、
だいだい当たっていても一回のミスでなくしてしまう。
今は株の先物ぐらいしかやっていないけれど、この部門も極めて利益が出ない。
ヘッジとして活用しているから、必然的に損失を出すようにはなるのかもしれないけれど、
ヘッジではなくポジションとして持つことも多い。
昨年末から春先にかけてポジとして活用してなるべく売買せずに放置したら、10%くらい抜けたが、
こういう方法ぐらいでしかなかなか儲けられない現状。

今なんて資金を追加してもすぐになくなるから、常にフルで張ることになる。
そうすると-0.2%とかの変動でもロスカにしてしまう。
で、その後に戻しなんてしょっちゅう。
なかなか扱いきれていない状況だ。

幸いにも今はポジを多く持っている状況なので、他の部門へ回す金がない。
お陰で先物部門の増資もできないので、損失は限られる。
案外、良い損失回避方法だ。
現状儲からない、投資部門への増資は、悪いナンピンと同じだし、
企業で考えルのと同じで、利益の出ない部門は早々に閉鎖すべきであることと同義であると実感。

さてさて

まだ、記述していくスタイルも決まっていないけど、
勘で。

買建9500
鉄・機械・金融とか

売建9300
運輸・空運・食品他諸々
ネット+200

昨日NYが-50も下げたのが予想外だった。
てっきりヨコヨコか上かと。
いままで下がっていた外需のターンと予測していたが案外危ないかも。
VIX次第。
でも引き続き。同ポジ。

クリック残高7343
プロフィール

Author:九曜
趣味成分全開で投資と投機をしています。
スキャルピングから長期投資までのスタイルです。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
アクセスカウンター
最近のコメント
RSSフィード
リンク
参考にしている 方々のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。