スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界点

集中力もないし判断力も鈍いし分析力も低下してる、ここがひとつの限界点と感じた。
そんな状況でこれ以上安定的に収益を上げていけるか不安が消えない。ここで積極的な運用から一度身を引くことにした。

きっかけはささいなもので、8月の半ばに2回程完全に相場を読み違えて3%程ドローダウンしたのだがその金額を現実に置き換えて考えると大きいもので恐怖心がなかなか消えなかった。レバレッジは落としているけれど何かが起きたときに本当に大丈夫なのかかなり怪しい。冷静に考えれば求めていた結果は十分に得られたと満足し、安定運用に移行しようと思い順次不必要な資産は処分していったのだが、ここ数日で壊滅的に喰らってしまった。それが旧大証銘柄群。下落が早すぎるしすべてが想定外だった。意地で処分に踏み切ったが安値で売らさせるはめになった。気合が入っていないと判断が遅くなるし予測も甘くなる。そういった意味でもレバレッジかけまくりの積極運用からは身を引いたほうが賢明だろう。
不要な銘柄群はほぼ処分し終わったのでこれからどうするのか考えている。これがここひとまず当面の最後の仕事になるだろう。
実現しそうであるし恐ろしいのがインフレによる資産の目減り。リーマンショック後に各国で行われた大規模な金融緩和。当時、過去の資料やらなんやらを分析して至った結論が大規模なインフレが起こるかもしれないということ。だからその時から基本ロングで株価が適正な価値に戻るのを待つ戦略をとっていた。今はこの下げ分をほぼ取り戻したのではないかと思っている。ただインフレ懸念については未だ消えていない。だから積極的な運用からは身を引いてもインフレ対策用に株式を保有していきたい。自分の資産を守り維持し安全に増やすことを目的として資産運用をしていこうと思う。スタイルでいえばノンレバレッジで10年とかそういう長期目線で安定して成長する企業を探し投資すること。インフレ率に負けないように、生活費を差し引いても今の通貨価値からした資産水準が保たれるように投資をしていこうと考えている。考えているのは、非景気循環型企業を中心としたポートフォリオの構築。内国外国比を1:1程にして、大型比も50%以上にして資産の安定性を上げる。そんな感じだろうか。再構築が終わったらいろいろと書いていこうと思う。最後に今年の成績の振り返り。

今年の成績
1月+33.8%
2月+11.1%
3月+31.0%
4月+19.4%
5月+26.8%
6月+11.6%
7月+16.8%
8月+1.5%

8月がプラスでなんとか終われたのが奇跡みたいなもの。出金調整が怪しいけど今年の成績はだいたいこんな感じ。うまくいきすぎた。トレードアイランドも今月で終わり。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:九曜
趣味成分全開で投資と投機をしています。
スキャルピングから長期投資までのスタイルです。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
アクセスカウンター
最近のコメント
RSSフィード
リンク
参考にしている 方々のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。