スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから

今月はゆっくりと企業分析をしながら長期的な投資戦略を練っていた。
日中トレードしていると、明日損しないためにはとか1週間後に破滅的にならないポジションはとか飽きる暇が与えられないほどに忙しくてゆっくりと考える暇がなかったから実に平和でいい時間だなと感じつつ調査の日々。
今の目標は
「資産を大きく減らさないこと」
「安定的に年率でインフレ率+5%程の収益」
を得ることが目的で利益を最大化させるというよりは、資産の安定化と安定した収益に着目してしまっている。
これは明らかに愚策で利益を常に最大化させる戦略をとり続けることで結果として安定化した利益と資産の形成に結び付くということは頭では分かっているけれども精神的な負担とトレードによる時間の消費を考えるとこの目標になってしまう。
資産の半分程は海外を含めた大企業に投資して資産を安定させて金銭的な安全を確定させること。
これについては現状でほぼほぼ資産移行が済んでいてあと半月のうちにすべて完了しそう。
これの投資先のセクター比では大きい順に
インターネット
タバコ
保険
飲料
となった。基本的に商品をよく知っていて景気変動の波を受けにくく極めて高いブランド価値と参入障壁の高い事業の企業ばかりを選んだ。どれも自分がその商品が好きで価値がわかるから選んだ節があるのだが、タバコ産業だけは非喫煙者なのでわからなかった。非喫煙者にとっては明らかに日常生活を阻害し嫌いな商品なのだけれども、利益推移や過去の実績、バリュエーションを考えて投資に至った。これは今回は見送ったけれども、アルコール・カジノなどの嫌われたり避けられる業界も同様に投資先としては今後とも積極的にチェックしていこうと思う。

あと、ひとつ大きく気になった出来事が。
消費増税のニュース。僕はなんだかんだで先送りにされるか極めて長い期間をかけて1%ずつ上げていくんだろうなーって思っていたから安心していたけど、数年で現状の倍となると企業の利益の圧迫と経済の低迷懸念が出てくるんだけど、どのくらい織り込まれているのだろう。消費税は政府歳入のうち国債を除く歳入の2割を占めていてこれが増税するとなるととてもとても大きなインパクトがあるのでは思ってしまう。たぶん個別の企業利益予測のコンセンサスにはまだ反映されていないような気がする。
規制緩和による雇用流動化促進や法人減税、個人の投資資金の流入あたりがプラス要因として期待していて、あとは株主資本主義の浸透が進めば魅力的な投資先が増えるのだけれども、どうも現状では日本市場にはなかなか強気なスタンスがとれずにいるので、保有株を放置するままになっている。
今月は相場が上がって資産は増えたけどこれからは投資先の増益と増配が収入の根幹になるので短期的な動きに惑わされないようにしたい。
スポンサーサイト
プロフィール

九曜

Author:九曜
趣味成分全開で投資と投機をしています。
スキャルピングから長期投資までのスタイルです。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
アクセスカウンター
最近のコメント
RSSフィード
リンク
参考にしている 方々のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。