スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年まとめ

運用結果
11月+6.8%
12月+3.5%
13年度計+452.6%

一年を思い出してみると例年にない波乱含みの年だったなと思うが、一番印象深かったのが4月頭の日銀による異次元緩和の出来事。この時はさすがに上がりすぎだろと思っていてかなり売りを増やしていたところにもろに喰らってしまった。発表から次の日にかけて日経ベースで1000円近く、ドル円が5円も円安になったというとんでもない日だった。発表日の午後買戻しまくったが半分くらい損切りできず、売っていた財閥不動産なんて翌日ストップ高になってしまい本当にとんでもなかった。いつもだったら逆張りして耐えたかったがこの時ばかりは数日かけたが切ってよかった。異次元緩和後の落ち着きから五月の高値まで日経ベースで20%も上がっている。1歩の間違いだったらなんとかなるが、3歩ぐらい間違ったら致命傷になる恐ろしい変化だった。

もうひとつ大きな出来事をあげるとしたら五月末の上昇から一転の反転になるだろう。
今年の前半の上昇は本当に凄まじく、平均株価が半年で1.5倍になるなど、経験したことがないほどのエネルギーだった。ここまでの上昇でどの株ブログ等を見ても信じられないペースで稼いでいて、自分がおいていかれるのではないかとかなり焦っていた。年初からロング・ショートを組んで売り越しになることもしばしばあって、ロングオンリーでいっていたらどれだけよかったかと半分後悔しながらの日々を過ごしていた。しかしながら根っからの逆張り根性で暴落の日の難を逃れたのは幸運だった。暴落当日は一日で10%下げるなど想定外すぎてびっくりした。先物がサーキットブレイクした時やりすぎだと思って買い捲ったがなおも下落が続くとは売りの圧力がとんでもなかった。それからの一か月ほどの相場は大荒れで上がっては下げ、下がっては上げの繰り返しでとても忙しかったと記憶している。ロングに傾けたりショートにしたりしたが、結局はショートだけが正解だったようだ。毎度思うが相場は難しい。
これ以降も例年に比べたら相場は活況で変化も大きかったが、前半の記憶が印象深い。

成績から振り返ると、何度考えても出来過ぎた幸運だなぁと思える結果の一年。
自分ではリスクを抑えてやってきたと思っているけど、今になって今年の前半の売買履歴を見ると明らかにリスクを取りまくっているなと感じてしまう。最近ではレバレッジ恐怖症になって信用枠を生かしたロングショートも組むことも難しくなった。今はディフェンシブの大型がかなり多い安全第一の投資ポートフォリオとなっているがこれでいいのだと思う。守ることばかり考えたら、衰退への一歩だと思うがそれでも一度リスクを怖いと思ってしまったらそれまでで、今年の成績は目に見えて極端に悪くなるだろうができる範囲内で損を出さないように注意していきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。

先ほどから数時間をかけて、ブログを最初から通して読ませてもらったものですが、とても興味深いコンセプトがたくさんありました。特に、

-数少ないであろう短所の模索と改善策の構築
-ドローダウンが心理とモチベーションに及ぼす影響

に関してはとても参考になりました。ありがとうございます!

今後も時間があるときに考えていることを共有してもらえればうれしいです。

No title

Siren様

こんにちわ。はじめまして。

メモ書きや駄文のようなものでお恥ずかしい限りですが、わざわざお読みいただきありがとうございます。

そうですね書いた記憶が曖昧ですが、ドローダウンに対する心理面の悪影響はおおよその市場参加者が考えているよりとても大きいと思います。
ご参考にしていただけた様で幸いです。

また今後ともお願いいします。
プロフィール

九曜

Author:九曜
趣味成分全開で投資と投機をしています。
スキャルピングから長期投資までのスタイルです。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
アクセスカウンター
最近のコメント
RSSフィード
リンク
参考にしている 方々のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。